Génération #hikikomori disponible en ebook 28,99€

“Génération hikikomori” est désormais disponible en ebook 28,99€, sur le site de l’Harmattan (+ aperçu Google des premières pages).

L’ouvrage sera bientôt disponible en librairie, et sur Amazon sous 3 semaines.

http://www.editions-harmattan.fr/index.asp?navig=catalogue&obj=livre&no=53919

Génération Hikikomori : J-10

Depuis les années 1990, un phénomène très particulier touche la population japonaise. Chaque année en effet, des centaines de milliers de personnes disparaissent. Appelé hikikomori, « retrait social », ce phénomène désigne des personnes qui, enfermées chez elles pendant plusieurs mois (au moins six mois), voire plusieurs années, se coupent du monde et n’ont plus aucune relation sociale.

Touchant essentiellement des individus entre 15 et 39 ans, le phénomène concernerait aujourd’hui près de 700 000 personnes, principalement des lycéens et des étudiants, mais également des employés et/ou des jeunes chercheurs d’emploi, qui n’arrivent pas à s’intégrer dans le monde qui les entoure. Dans une société ultra-organisée et codifiée et où prévaut le collectif sur l’individu, les hikikomori bouleversent l’idée d’un Japon uniforme : une « génération perdue » et longtemps mal comprise, mais qui, de plus en plus importante, suscite le débat et interroge une société japonaise en perte de repères.

フランスにおけるひきこもり当事者の「病の語り」

第23回多文化間精神医学会学術総会 2016 http://www.procomu.jp/jstp2016/

フランスにおけるひきこもり当事者の「病の語り」

タジャン・ニコラ 京都大学 人文科学研究所

「病いの語り。慢性の病いをめぐる臨床人類学」(The Illness Narratives. Suffering Healing and the Human Condition) の著者、アーサー・クラインマン。彼が1988年に発表した、この有名な本から、多くの 病の語りの研究が行われています。それに導かれた「マギル大学の病の語りのアンケート」(McGill Illness Narrative Interview-MINI) は重要な方法論的な貢献と考えられています。ダニエル・グロローとアラン・ ヤングとローレンス・J. カーマイヤーは2006年に英語バージョンを出版しました。また、ダニエルグロロー のフランス語バージョンは、2013年に出版されました。2014年8月に、三脇康生とタジャンニコラはMINI の最初の日本語バージョンを確定して、2016年8月に修正されたバージョンを出版しました1。 本発表の目的はMINIと文化的定式化面接 (CFI) と NVIVOデータ分析ソフトの関連性を論じることにあ ります。フランスに住んでいる女性 (20歳) のケースにフォーカスを当てています。この病の語りの調査は、 次のテーマを明らかにします。すなわち、このケースで問題となった、健康問題に関係する一連の出来事、 その典型 (プロトタイプ) の語り、語りに持ちられている説明モデル、治療サービスと治療への同意の語り、 生活への影響、文化の影響。総体的には、このケースを、定性手法を用いて、分析を行いたいと思います。 その結果、多文化間研究の枠組みの中でMINIとCFIとNVIVOの貢献と限界を議論します。 本発表は、病の経験とひきこもり当事者に興味を持ってすべての人々に開かれています:精神科医、臨床 心理士、看護師、ソーシャルワーカー、当事者等の方々のどなたでもお聞きいただきたいと思っています。

1以下のウェーブサイトでダウンロード可能:https://www.mcgill.ca/tcpsych/research/cmhru/mini

以下参照

第23回多文化間精神医学会学術総会 2016

10 月 1 日土 9:00 〜 10:30

座長:三脇 康生(仁愛大学人間学部 心理学科)

シンポジウム 4 『病の語り MINI』

第23回多文化間精神医学会学術総会 2016

  • S4-1  MINIを利用した大学病院精神科における臨床・教育の試み 
阿部又一郎 東京医科歯科大学 精神科
  • S4-2  フランスにおけるひきこもり当事者の「病の語り」 
タジャン・ニコラ 京都大学 人文科学研究所
  • S4-3  トラウマ体験と語り -カンボジアにおけるMINI使用の経験から 
吉田 尚史 東京武蔵野病院 第一診療部

シンポジウム 4 『病の語りMINI』

S4-1

MINIを利用した大学病院精神科における臨床・教育の試み

阿部 又一郎 東京医科歯科大学 精神科

上田 優 東京医科歯科大学 精神科

病いの語りをめぐって、YoungはKleinmanの説明モデル(1980)を批判的に発展させて、説明モデル、プ ロトタイプ、連鎖的複合という3つの推論モデルを導入した。この流れを受けて、近年、カナダのMcGIll大 学Transcultural Psychiatry部門のGroleauらは、5つのセクションで構成された病いの語りMINI (McGill Illness Narrative Interview) 質問紙を考案した (Groleau, Young & Kirmayer, 2006)。MINIは原著発表 後、すでに数多くの言語に翻訳され、臨床や研究領域で利用されている。本邦でGroleauによって2013年に 改定された仏語版をもとにMiwaki、Tajanらが2014年に日本語版を作成している。 我々は、大学病院精神科での臨床実地においてMINIを利用し、主にフランス滞在という異文化体験をも つ若年患者の語りを通じて、病いに関連する苦悩について医療人類学的な聴き取りを試みてきた (阿部ら、 2015)。本発表では、実際の使用経験に基づいた大学病院精神科における臨床と教育実践について報告する。 尚、紹介する臨床ケースは、すべて使用目的について同意を得た上で、発表にあたっては匿名性を確保しつ つ内容を損なわない範囲で適宜変更を加えている。MINIの臨床使用にあたっては、患者の現症や治療療関 係性なども考慮に入れる必要があった。いまだ予備的な利用段階であるが、本邦の臨床実地においても、通 常診察では把握しきれない患者の病いの語りを構成する認知や感情の軌跡を辿る上での理解の一助となり うる。Grolaeuらも、医学教育における啓発ツールとしての有用性を指摘する。患者の苦悩を理解して主体 性を支持する点で、MINIは今後PCM (Person-Centered Medicine) 領域における貢献が期待されている (Groleau, 2013)。 MINIの臨床応用にあたって、面接実施時間の長さや、前提とされる推論モデルに基づいて把握する上で の困難さに直面する。研究応用にあたって、質的データ解釈における方法論上の問題がある。それでも、 MINIを用いた医療人類学的面接は、臨床的にも医学教育的にも、また質的研究を行う上でも今後有用な手 法のひとつになると考えられた。

S4-3

トラウマ経験と語り -カンボジアにおけるMINI使用の経験から

吉田 尚史 東京武蔵野病院 第一診療部

発表者は、特定の時代と文化圏における精神疾患概念と例えばそれに基づくケアのあり方が、今やグロー バルに展開する精神医学という概念の枠組み、社会経済技術的な環境と相互影響関係に成立するという観点 から研究を進めている。フィールドはカンボジアである。周知のように米国精神医学会が編纂したDSM-III (APA 1980) を嚆矢とする精神医学の標準化、先進国や国際機関から途上国へ向けて普及活動が展開するグ ローバルメンタルヘルス (GMH: Global Mental Health) の潮流等がある。 さて本発表では、MINIを用いてカンボジアにおけるトラウマ経験と語りに焦点をあてる。MINI (The McGill Narrative Interview)とはTranscultural Psychiatry誌に登場した半構造化された質問紙である (Groleau, Young, and Kirmayer 2006)。MINIのクメール語バージョンを使用して調査を行った。 カンボジアにおいては1970年から20余年に渡り内戦とジェノサイドが国内で続いた。とりわけポル・ポト 時代 (1975-1979) には、病気や飢餓、殺害等で約170万人が死去した。カンボジア移民と難民を対象とした 調査研究にて、彼らにはトラウマ経験およびうつ病やPTSD等といった精神疾患が高率に認められると報告 されている。その一方で国内の調査研究からは「内戦とジェノサイト」に関わるトラウマ経験をした精神疾 患患者は先述の調査報告と比して多くはない。本研究では、トラウマ経験があって精神疾患を患ったカンボ ジア国内の患者をインタビュー対象者として、MINIを用いてトラウマ経験と語りを聴き取った。 発表当日には、語りのデータに基づき若干の考察を加えたい。

Japanese Parents’ Narratives of Social Withdrawal

Emplotting Hikikomori: Japanese Parents’ Narratives of Social Withdrawal

ArticleinCulture Medicine and Psychiatry · May 2016
DOI: 10.1007/s11013-016-9495-6
  • 11.8 · Rutgers Robert Wood Johnson Medical School, Somerset, New Jersey
Abstract
Hikikomori, often glossed as “social withdrawal,” emerged as a sociomedical condition among Japanese youth at the end of the twentieth century, and it continues to fascinate and concern the public. Explanatory frameworks for hikikomori abound, with different stakeholders attributing it to individual psychopathology, poor parenting, and/or a lack of social support structures. This article takes an interpretive approach to hikikomori by exploring parents’ narrative constructions of hikikomori children in support group meetings and in-depth interviews. I argue that some parents were able to find hope in hikikomori by ‘emplotting’ their children’s experiences into a larger narrative about onset, withdrawal, and recovery, which helped them remain invested in the present by maintaining a sense of possibility about the future. Contrary to literature that examines hikikomori as an epidemic of isolated individuals, I demonstrate how parents play a key role in hikikomori through meaning-making activities that have the potential to shape their children’s experiences of withdrawal.

The Ecology of Withdrawal (Frontiers in Psychology)

General Commentary ARTICLE

Front. Psychol., 23 May 2016 | http://dx.doi.org/10.3389/fpsyg.2016.00764

The Ecology of Withdrawal. Commentary: The NEET and Hikikomori spectrum: Assessing the risks and consequences of becoming culturally marginalized

Michael E. W. Varnum* and Jung Y. Kwon

Toute une histoire – Hikikomori

« Au Japon, ils seraient 260.000 adolescents et jeunes adultes à décider soudainement de se couper physiquement du monde pour une durée indéterminée. »

FAUX

  1. Il s’agit d’environ 700.000 personnes. 260.000 est une sous-estimation.
  2. Ce n’est pas soudain : c’est toujours progressif, avec des signes au collège, puis une aggravation au lycée et une installation dans le retrait entre 20 et 30 ans.
  3. Ce ne sont pas majoritairement des adolescents pour lesquels on parle d’absentéisme scolaire (futôkô).

 

« La plupart des Hikikomori sont âgés de 15 à 35 ans. »

FAUX.

C’est imprécis. Selon une enquête épidémiologique et psychiatrique (Saitō et al. 2010 : 140*) :

  1. 99% ont plus de 20 ans. 65% ont plus de 30 ans.
  2. L’âge moyen est supérieur à 32 ans.
  3. L’âge moyen de déclenchement est supérieur à 20 ans.
  4. L’âge moyen lors du premier diagnostic est supérieur à 27 ans.

 

« Au Japon où l’on a beaucoup étudié le phénomène, qui est essentiellement masculin, on observe un fort problème de construction identitaire, en raison de l’incapacité des pères japonais à communiquer avec leurs enfants. »

FAUX : Rien ne prouve que les pères japonais soient incapables de communiquer avec leurs enfants. C’est une généralisation infondée et qui ne s’appuie sur aucune preuve tangible.

 

« On note aussi le fait d’enfants rois, enfant élevés dans une grande permissivité, surprotégés, qui décident de s’enfermer autant par caprice que par peur du monde extérieur, on a évoqué aussi une relation fusionnelle à la mère, renforcée par une absence de rivalité avec le père. »

Qui est ce « on » : « on » note « on » évoque ? Sur quoi s’appuie l’affirmation selon laquelle les personnes en retrait social sont des enfants surprotégés, qu’ils ont peur du monde extérieur, qu’ils ont « une relation fusionnelle à la mère renforcée par une absence de rivalité avec le père » ? A-t-on prouvé une différence avec les personnes non-hikikomori ?

La même question se pose concernant l’addiction à internet : y a-t-il une différence entre ceux qui sont hikikomori et ceux qui ne le sont pas ? Aucune étude ne montre que les hikikomori passent davantage de temps sur l’ordinateur et internet comparé à une population contrôle.

Note: Je commenterai l’émission lorsqu’elle sera disponible en replay.

*Saitō, Kazuhiko 齊藤万比古et al. 2010. Shishunki no hikikomori wo motarasu seishinka shikkan no jittai haaku to seishin igaku teki chiryō enjo shisutemu no kōchiku nikansuru kenkyū 思春期ひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療 ・ 援助システムの構築に関する研究. http://www.ncgmkohnodai.go.jp/pdf/jidouseisin/h19-jidouseisin.pdf